読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポンコツムスカの精神修行的ブログ

ポンコツと化してしまった二児の父。腐ってはいけないという思いから、ブログを始めてみたよ。全てスマホで書いてるので、スマホでの閲覧推奨。

お兄ちゃんのバナナの話

適当な話


俳優・男優はアクター。女優はアクトレスですね。
じゃあ汁男優って英語にするとスープアクターっていうのかなと思い、ちょっとカッコいいじゃないか、とか考えてました。
どうもこんばんわ、二児父です。



昨日上の娘が「これ私のバナナー!」なんて下の子とケンカしているのを見て、ふと昔のことを思い出しました。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


数年前、とある県の病院・施設で働いていた時のこと。
そこにO原さん(仮名)という方がいらっしゃいました。



f:id:ponkotsu36:20151207001458j:plain


O原さんは気難しく、「やってよ!!」が口癖のおばあさんでした。
今となっては遣ってよなのか殺ってよなのか定かではありませんが、とにかくいつも怒っているような方でした。


しかし、若い男性がアレなのか何なのか分かりませんが、僕の顔を見ると「おにいちゃ~ん、ガハハ!」と笑い、決まって




お兄ちゃんのバナナちょうだい!



と迫ってきたものでした。

そして「後でね」と耳打ちすると「アハハハ~ッ!!」と爆笑し場が和む、というやりとりをするのが日課になっていました。



ある日、いつものやりとりをしていると突然O原さんがこんなことを言い出しました。




「チョメチョメちょうだい!」




山城新伍かよと思いましたが、明らかに僕の下半身を狙っている様子で、期待の目をしていました。

とりあえず「お部屋でね」と耳打ちすると、「ガハハ~ッ!」と喜ばれた様子で、それからはベッドの上に正座し何かを待つようになりました。



その時のO原さんはなんというか生命力にあふれていたように見えます。性欲とはかくも人間の活力たる源なのか・・と感心し、僕も見習わなきゃなと思って養命酒を飲みました。



その後も「お兄ちゃんのバナナ」と「チョメチョメちょうだい」は続いていましたが、僕の職場が変わったため、以降どうなったのか知ることはできませんでした。


新しい相手を見つけてチョメチョメしているのか分かりませんが、元気でやっていれば良いなぁ・・なんて感傷に浸りました。
ちなみに僕のバナナは今も元気です。




Twitterです。↓

ポンコツ君 (@Y_hamematsu)さんをチェックしよう https://twitter.com/Y_hamematsu?s=09